www.formationreflexologie.net

.

.


今は「年中無休」なんてわりと当たり前えの世の中です。 コンビニを筆頭に、ガソリンスタンド、漫画喫茶、居酒屋もずっと開いているところもあります。 ですが依然として、銀行窓口はきっちり3時に閉まるところが多いようです。 3時に閉まると不便に感じる人も多いような気がしますが、世論があまり盛り上がらない所をみると、それほどニーズはないのかもしれません。 そもそもなぜ銀行窓口は3時までになったかというと、どうやら「銀行法」という法律があるようなのです。 そこに「9時から3時まで」と書いてあります。 ただよく読むと「9時から3時までは必ず営業して」ということのようで、「その時間に閉めろ」というわけではなさそう。 銀行も3時に窓口を閉めたからといって、すぐ帰れるわけではなく、その後にやることもあるわけです。 3時に閉めて作業したいという気持ちもわかりますね。 もっとも今はインターネットの銀行があるくらいですから、実際に窓口に行く必要がないというのも確かなことなのでしょう。