www.formationreflexologie.net

.

.


以前に住んでいた家の近くに、家具の修理の店がありました。自分はこのような仕事に興味があったので、よく見学に行きました。壊れた家具に関しては釘を打ったり、ボンドを使って直したり、新たな部品を家具の一部に使用するなどして職人さんたちが修理を行っていました。個人的に興味深かったのは古くなった家具の修復です。このようなものは見栄えが悪くなってしまっただけで壊れてしまったわけではないので、いかに新しいもののように見せることが出来るかがポイントとなってくるわけです。職人さんたちはまず、ヤスリを使って全体を軽く削りました。木製の家具にはニスが塗ってありますが、それらをはがすのがその目的です。次に新しいニスを塗って乾かします。なんとこれで作業は終了です。たったこれだけで古かった木製の家具が新品のようになり、非常に豪華に見えました。このような作業でしたら自分でも行えるかと思い、いつかはトライしてみたいと思っています。古いものに手を加えれば、インテリアとして使うことが可能となります。